« 季刊ステレオサウンド no.223 | トップページ | 振動力学 コルトレーンcdフィボクリスタル化計画2 »

2022年6月10日 (金)

Opuntia aciculata”アシキュラータ”今年の開花

2206070xOpuntia aciculata”アシキュラータ”の種子は2013年に国内業者から購入したモノで、たった1本だけ発芽した貴重品です。ウチワサボテンの発芽率はとんでもなく悪く0.1%以下程度となる。理由は単純明快で、アリゾナでもニューメキシコでも付加価値の低いウチワサボテンの種子採取にリキは入らない。結果ワインではないが何年モノと寝かして古くなれば、芽もよう出んとなる。それが証拠にサボテン工房産の種子はフレッシュだから発芽率は90%を超えている。

220607110年経って漸く開花株となったが、国内での開化は稀でネットに情報を上げているのはサボテン工房くらいです。アシキュラータのウチワ形状は随分と不細工で、どこに栽培の価値がありや?となれば、このメタリックな真紅の花にありとなる。この赤を基準にアズレア(黄色花)などウチワ本体に見ごたえのあるモノと交配して、赤い花を咲かせようと企んでいる。交配には時間が掛かり先の無いあんぷおやじには無理、そこでサボテン弟子の長迫君に託そうと思っている。しかし長迫吉拓君はbmxから本来のトラック競技でパリ開催のオリンピックを目指しているため、それが終わるまでは待つとしよう。

|

« 季刊ステレオサウンド no.223 | トップページ | 振動力学 コルトレーンcdフィボクリスタル化計画2 »