« ゲルニカ | トップページ | pwmアンプハードウエア1 »

2022年9月 1日 (木)

海渡電子さんの親切

22083121人プロジェクトxは何でも1人でやらなくてはならない。k工業m氏から「磁石はどうですか?」と話があり、即座に磁石を使った磁気回路の設計に没頭する。当然分からない事だらけで磁石屋さんへ問い合わせた。すると「弊社ではご検討内容の計算困難です。計算(磁場解析)の専門会社様へのお問い合わせをオススメいたします」とつれない返事にガックリと落ち込んだ。元々磁場解析は有限要素解析で難しく、面倒な問い合わせだから不親切もやむなしか。余談です、フェライト磁石もネオジム磁石も日本人の発明で、ev(電気自動車)になる未来は日本の技術が世界を動かしているのだ。政治家にテクノロジーに詳しい人物が居れば、日本の技術の優秀性をprして国民に自信を持たせるのでしょうが、今の政治屋さんは自信を無くすような話ばかりで、嘆かわしい。

220831モータの設計からpwmアンプ製作へと戻る。三菱ipmを稼働させて1号機は上手くいったのでs氏に引き渡した。2号機に移るとフェイル信号が出っ放しでpwm動作をしない。あれやこれややってみるが万事休す。しょうがないね~中古品は、新たに1個買いますか?と海渡電子 さんのパワーデバイスを開いた。すると「万が一、初期不良等ございましたら交換させていただきます!」の文面があり「交換は可能でしょうか?」とメールを入れる。直ぐに返事があり「この度は弊社製品にてご迷惑をおかけし申し訳ございません。交換については本日現在弊社に在庫がございます、2点をお送りさせていただきますので、前回分の不具合品と合わせてお手すきの際に、同封の返信用伝票にてお戻し頂ければと存じます」これは感動モノです。元々大容量ipmなど専用品で入手は難しい厄介なシロモノだし、且つ中古品なので補償などあろうハズも無いのに、この親切です。1人プロジェクトxと形容しているが、コトを成すには1人の力では出来ないことを、又しても痛感した次第です。

|

« ゲルニカ | トップページ | pwmアンプハードウエア1 »