« 新方式PWM(Pulse Width Modulation)アンプ3 | トップページ | 新方式PWM(Pulse Width Modulation)アンプ了 »

2022年8月18日 (木)

新方式PWM(Pulse Width Modulation)アンプ4

22081070pd-171ターンテーブルの開発風景で、リファレンスはemt927とした。最初の落伍はテクニクスのsp-10で、音が詰まる。帰還型dp-80もやや落ちて、無帰還型pd-171の勝ち。それより次元の違うのがemt927で、音の伸びやかさと腰の座りが桁違いに良い。ターンテーブルには速度帰還が音に悪影響を出すとの結論をこの時期得ていた。あ、この話ではない。dp-80のエディカレントモータは3相にも係わらず、分巻き駆動と同じコンデンサで位相をずらし単相駆動していた。更に単相出力段はpwmと同義だがパルス変調を使っていたのだ。時代は1978年、モータ駆動方式も黎明期で困った挙句pwmモータアンプにしたと推測できる。

22081071あれから40年以上が過ぎた今、モータ駆動でpwmアンプかリニアアンプ駆動かでジレンマが続いている。余りにも大容量は結局pwmアンプに成らざるを得ない。バッファ動作の出来ない非同期式の弊害対策に本腰です。こちらが電流出力は小さい状態で正常に動作している。

2208108電流出力をすこしずつ増加させて様子を見る。電流出力がデューティ100%に近づくと上下アームの短絡事故が発生する。




2208109そこで同期が取れる全てもポートをタイマーモードとしpwm出力に変更した。すると見事同期してアーム短絡の事故は無くなった。万事メデタシなのだが画像のゴミが出る。拡大してこのゴミを調べると25nsecのcpu1ステート時間で、デューティ100%側はこのゴミは出ないがデューティ0%側にだけ出る。25nsecならばipmも反応しないからこれでも良いのだが、美しくないのでこの方式も断念した。

22081093そこで非同期に戻し、各電気角180度と360度に達した次のcpuステートでpwmストップさせた。すると画像のように如何なる電流出力でも上下アーム短絡は発生しなくなり、これで非同期方式pwmアンプも完成です。

22081095デッドタイムも勘違いしていてこちらがそれに相当し、やたら多くのnopを打っていたものが大幅に減ってプログラムも美しくなった。これでソレンのダミーコイルから本番用の大型インダクタンスに代えて、大電流駆動のデバックへと進もう。

22081096_20220817044901冒頭に戻り、emt927も3相のリラクタンストルク同期型モータを進相コンデンサで単相駆動しており、言語道断と糾弾しても誰も反応しない。画像はemt927を3相サイン波駆動している実験状況です。この時にまたしても気付いたのが、ターンテーブルの音はモータが出しており、電気回路はほとんど関係ない事実です。これには愕然として、モータ駆動用の真空管アンプの開発はすっかりやる気を無くした。

|

« 新方式PWM(Pulse Width Modulation)アンプ3 | トップページ | 新方式PWM(Pulse Width Modulation)アンプ了 »