« 山田猛夫さん水彩画展了 | トップページ | 実践力学 水節約術 »

2022年9月27日 (火)

cpuの賢い選択2

2209180生きものや菊屋の次男坊が「おやじ~大丈夫か?」と水を持参で駆けつける。カメにしても熱帯魚にしても膨大な水の貯蔵が必要で、その水を分けてくれた。更に「七夕豪雨より酷い!」と言っている。当時は清水市の時代で行政の対応も良かったが、今回は何だ!断水はトイレが使えず、毎日清水20万人の〇〇チが静岡沼上の焼却場ゴミとなり、噴煙はさぞかし大変でしょうが。k工業のm氏や、amp学校の住職や、親戚から心配の電話がひっきりなしに入り、ありがたい。画像は1974年の七夕豪雨で、家人の実家の前の川が氾濫して東海道線へ流れ込んで、凄まじい状況を呈していた。悲惨な状況になっているにも係わらず、責任逃れの言い訳に終始する長(おさ)達にプロ魂は感じられないし、見苦しい。こうゆう時にこそ人間の値打ちは決まるものだ。

2209181_20220925111101sh2aコアが良いに決まっている。2aコアのsh7286であれば300khzの電流帰還制御が可能となる。300khzは1サイクルが3.3μsecで、この間に電流指令値を読み出し、電流検出をし、p電流帰還演算を行い出力する。もうここまでくればアナログアンプを凌駕できる。アナログアンプは随所に時定数が発生し、案外ゲインは上がらない。過日k工業m氏が処理速度の向上で、打ち合わせにみえた。処理速度の向上の急ぎ仕事となれば、sh cpuで迷っている時間は無い。

2209182sh7211は2aコアだがやはりsdram搭載で使えない。sh7137は2aコアではないが、adコンバータは12bitで、これだ!と決めていたが、処理速度の向上では何も出きず、結局sh7145の旧式ボードに相成った。フリーハンドでサクサク回路を描いてk工業さんへ渡す作戦だった。がです、同じ回路を沢山描く必要があり、一辺で嫌になった。こりゃあcadしかない。

2209183前々から「これは使える!」と思っていた無償回路cadのcadlusに登場してもらう。勉強をしてからなどとゆう悠長なコトを言っておられず、強引に描き始めた。分からんコトだらけでヒリヒリしながら描いていると、ad変換器もda変換器もcadlusライブラリーには無くて困った!結局の所ライブラリーから作らねばならないことは、所謂泥縄式で処理速度の向上とは程遠い。こうなりゃあ腹を決めて全部をまともにやるしかなくなり、1人プロジェクトの真骨頂だ。それでも2日目にしてなんとかライブラリーを作り、回路図を描くまでになったのだが...

|

« 山田猛夫さん水彩画展了 | トップページ | 実践力学 水節約術 »