« 実践力学 水節約術 | トップページ | 音色力学 gm70管銅式パワーアンプ破壊と修理 4 電源の記録221003 »

2022年10月 1日 (土)

山田猛夫さん水彩画展~お魚総本家

2209183_20220927174401山田画伯に別れを告げて、久し振りの静岡の街へ繰り出した。繰り出したとは勇ましいが、松坂屋のラルフローレンへ行くか、グルメを楽しむか、その程度と随分小さくなった。山田画伯の絵は独特な山田ワールドを作り出し、初期の作品から現在まで透明度が高く、緻密、繊細、且つ温かみがあり、生き方そのもののような気がする。1人プロジェクトxで明け方食事に戻り、朝再びjazz喫茶amp工房へ向かう。すると白い清潔なファッションに身を包み、背筋真直ぐでサクサク歩く姿は山田さんで、遠目にも分かりエール交換をする。やっぱりそうだ、人生を賭けられるモノを持っている山田さんは年を取っても、年寄りにはならない。

2209182_20220928082601人格者のkuraiman社長氏のブログは毎日更新されている。365日、槍が降ろうが鉄砲が降ろうが続けている力学は、ある種凄みすらある。過日のブログに、静岡駅のアスティにある「お魚総本家」で鮑のステーキ1,080円を食したとあった。これは行かねばと最初から決めていた。席に着くなりステーキと刺身の両方を注文した。コスパ抜群で「kuraiman社長氏ウソつかな~い」です。アウトレットのすし屋では、同サイズで2,500円もしている。

2209181人格者と表現したのは何を食べても「けなさない」、やっきりしたのでしょうが「けなさない」。これは中々出来ないことです。続いて「かつおの藁焼き」をオーダーする。暫くしてお姉さんが「見てください!」と言う。派手な藁焼きのパフォーマンスはお見事です。いずれも美味しくコスパは抜群でした。帰ろうとすると家人が「松坂屋のラルフローレンへ」と言ったが、雨足を見て強引にタクシーで帰宅した。その後がとんでもない集中豪雨になったのだから、賢明な判断でした。

|

« 実践力学 水節約術 | トップページ | 音色力学 gm70管銅式パワーアンプ破壊と修理 4 電源の記録221003 »