2016年12月17日 (土)

味覚力学 味も音も一緒と思う!

0xx過日、伊豆高原の定宿花吹雪さんへ食事と温泉に出かけた。さすがに20年も通っているとお姉さん方も代わられ、顔馴染みのお姉さんは1人だけになってしまった。

料理長も代わられ、ある時期は後退を感じていたが、今の若手料理長は中々いい、限られた予算内で創意工夫が見られ、細やかな気遣いも感じられて頼もしい。

1

先付 嶺岡豆腐

3

向付 金目鯛

2 吸物

4籠ずし

5 一の重

6二の重

7桜おこわ

8_2料理屋菓子

kuraiman 社長氏のブログライクな表現をすると、抜群のコスパ、大満足でした。
翌日はドリプラの和食屋へ、家人の希望だが何となく胸騒ぎがする。案の定、お代は高いし味は不味いの最悪コスパ、思わず悪態を付いてしまう。”こんなだから観光地清水(市)はダメなんだよ!”
常々味も音も一緒と思っている。
割烹”わかすぎで”美味いものを食べているから不味いものは直ぐに分かり、良い音を聴いているから悪い音は直ぐに分かる。しかしこれが案外難しく、原資豊かでも中々良いものに出会えないし、原資乏しくとも偶然出会えたりするから、人生何事もイーブンと思っている。

|