2022年10月 1日 (土)

山田猛夫さん水彩画展~お魚総本家

2209183_20220927174401山田画伯に別れを告げて、久し振りの静岡の街へ繰り出した。繰り出したとは勇ましいが、松坂屋のラルフローレンへ行くか、グルメを楽しむか、その程度と随分小さくなった。山田画伯の絵は独特な山田ワールドを作り出し、初期の作品から現在まで透明度が高く、緻密、繊細、且つ温かみがあり、生き方そのもののような気がする。1人プロジェクトxで明け方食事に戻り、朝再びjazz喫茶amp工房へ向かう。すると白い清潔なファッションに身を包み、背筋真直ぐでサクサク歩く姿は山田さんで、遠目にも分かりエール交換をする。やっぱりそうだ、人生を賭けられるモノを持っている山田さんは年を取っても、年寄りにはならない。

2209182_20220928082601人格者のkuraiman社長氏のブログは毎日更新されている。365日、槍が降ろうが鉄砲が降ろうが続けている力学は、ある種凄みすらある。過日のブログに、静岡駅のアスティにある「お魚総本家」で鮑のステーキ1,080円を食したとあった。これは行かねばと最初から決めていた。席に着くなりステーキと刺身の両方を注文した。コスパ抜群で「kuraiman社長氏ウソつかな~い」です。アウトレットのすし屋では、同サイズで2,500円もしている。

2209181人格者と表現したのは何を食べても「けなさない」、やっきりしたのでしょうが「けなさない」。これは中々出来ないことです。続いて「かつおの藁焼き」をオーダーする。暫くしてお姉さんが「見てください!」と言う。派手な藁焼きのパフォーマンスはお見事です。いずれも美味しくコスパは抜群でした。帰ろうとすると家人が「松坂屋のラルフローレンへ」と言ったが、雨足を見て強引にタクシーで帰宅した。その後がとんでもない集中豪雨になったのだから、賢明な判断でした。

|

2022年9月 5日 (月)

pwmアンプハードウエア2

2209030家人が某国営放送でサボテンを食用にする研究の放映があったと言う。続けて「おとうさんは早過ぎたから、早過ぎは変人扱いされるのね~」ときた。食糧難対策にウチワサボテンを持ってくるならば、放送のあったノパルではなくてバーバンクウチワ、いや何と言っても史上最強のロブスタ「ベレン」となり、国内ではサボテン工房が安定的サプライヤーです。画像のサイズは40cmオーバーしているが目標は50cmの巨大とし、孫悟空の鉄扇公主のウチワの向こうを張る。東海大海洋のw先生と三保の砂地にこれを植えて地球砂漠化対策と食糧難対策の切り札にしようと目論んだが、三保が世界遺産になってしまい頓挫した。ノパルなどのヘナチョコは真に飢餓を救うには軟弱過ぎる。k工業m氏に譲ったら農業もプロで、窓際一杯にベレン鬼トゲに生長し敵の侵入を防ぐバリアになったそうな。

2209032閑話休題、m氏依頼のpwmアンプの放熱の加工に入る。アルミ放熱器の厚みが10mmある。これはホームセンターの安物ドリルでは無理で、日立を引きずり出した。トルクの弱いホームセンターと違い、高回転でどんどん穴が開く。キリがやられてしまう可能性ありで、切削油を使った。jazz喫茶amp工房のテーブルの上に油が飛び散る。

2209033穴あけが終わったらパワーデバイス取り付けのみタップを切る。パワーデバイスは最悪交換があるため、表面よりネジ止めをしなければならない。このアルミ素材は良くねじ切り出来るが、m4とタップが太いせいか?m3なんかでは結構折ったりする。

2209034切子などを丁寧に除去し電源系の部品を組み付ける。組み付けたそばから配線作業となる。深夜にこの作業をしていると、昔を思い出した。清水機電(iaiの前身)を起業して最初に受注したのが豊年製油の制御盤で、ボスと2人で何日も徹夜して作った。

2209035以前のアンプ配線は14スクエアで、屈曲に力を必要とし、また屈曲のrも大きい。これで短く配線をして欲しいは無理な相談でした。著名なアンプ作家が電源のバスは14スクエアくらいにしたい、と言っていたが音質に太さは関係ない。その言葉に触発されてofc純銅棒Φ16mmを作ったが、音は別にで大枚すった。pwmアンプは単に大電流が流れるから太い。今回は8スクエアの線材を使っているがご覧のように配線の長さが極端に短くなり、これでは5.5スクエアでも良かった。久し振りに8スクエアの圧着ペンチを握るが、昔のようにサクサクと圧着できない。

2209036これでほぼパワーデバイスの肝心な部分の配線は終わり。上の画像では電解コンデンサの端子が表面側に出ているが、これでは配線の長さが長くなるためひっくり返した。これで配線長さは短くなるが配線のやり難さと、メンテナンスが面倒になる。

2209037どうしたものかと思案、そうだアルミ放熱器に穴を開け裏側に電解コンデンサを付ければ更に配線は短くなる。しかしその加工はamp工房の非力な加工工具では出来ない。昔、ハイエンドアンプを片っ端から使っている時代があった。その中のダゴスティーノのクレルksa-50a級パワーアンプは、電解コンデンサがパワーバスにぶら下がっていた。オーディオアンプもpwmデジタルアンプも基本は同じなのだ。これは製品レベルでコンストラクションの再設計をやろう。

2209031冒頭に戻りロブスタ「ベレン」の続き、画像の50年モノの古株を植えておいたら親しいガス屋が見るなり「シイタケですか?」ときた。どうして40cmもある古株が巨大なシイタケに見えたのだろうか?その感性に感心して銘を「シイタケ」としてある。ウチワサボテンも生物であるが、脳は足りない。食料危機難対策は1枚のウチワから最大の重量と水分を確保しなければならない。そこで切り札は完熟牛糞の登場で、これを培養土に混ぜ込む。その量が傑作で多過ぎれば枯れてしまうし、少なければ大きくならない。そこに際どい一線がある。奏功でグングン急速に成長し栽培実験は成功か?と思われたが脳が足りないため、自重を支えきれず自分で勝手に倒壊した。何処ぞの国家であり何処ぞの企業みたいだ。ウチワサボテンは2進法、画像は1個から5個で2進法を超えているが、1,2,4,8,16,32...コンピュータの原点で増える。これを鼠算式とも言う。そのコンピュータ式からもウチワサボテンは食料難対策の切り札なのだ。

|

2022年7月25日 (月)

企業の良し悪し

2207181企業の「よしあし」と読みましょう。「よしわるし」と読むのも間違いではないのですが、センスの問題です。過日の日曜日、何時ものように御殿場アウトレットのウーキングです。朝8時半、一気にヒルサイドの3層目まで上がると息が切れる。たまげたのはレストラン「さわやか」の前に100人くらいが整理券待ちで、群集している。聞くと「さわやか」のハンバーグが憧れだそうです。こっちは日常的に静岡瀬名店へ出かけており、常連です。そこで人気が気になり、あこがれハンバーグを頂いてみた。確かに肉々しくて美味い...あ、食レポではない!テーブルクロス代わりの印刷シートにハンバーグの由来が書いてあり、読んで感動した。「お味はどうです?」と聞きにきた女性スタッフにその旨話すと、新しいシートを持ってきて「お持ち帰りください」と言う。お礼に「げんこつハンバーギュウ(牛)と呼んだら如何?」とお粗末。スタッフの多くは顔なじみで止める人も少ない、対応は親切丁寧、勿論価格対美味さの肝心は抜群、企業理念もしっかりしている。これが企業の良さとつくづく思った次第です。

|

2021年9月24日 (金)

不思議力学 レストランとjazz

21091601少し歩けば御食事処は沢山あり、旧国1の一番近い所がやよい軒さん、その先にとんかつや、そばや、すし屋と続き、しんがりは大戸屋さん、まだまだある。10年位前、大同へpvのノウハウ契約で3年通いその定宿がサンルートホテル、地階に大戸屋さんがあった。接待無しの夕食はいつもここだった。不思議なのは最近多くのレストランや食事処でbgmにjazzを流している。大戸屋さんの音はイマイチ、やよい軒さんは選曲抜群で音も良い。お代と旨さでは大戸屋さんもやよい軒さんも大差無いが、jazzで決めている。

21091602お~エラだ、お~リーモーガンだ、等と食事しながらイチイチ反応する。なぜ食事処はjazzを流すのだろうか?なんてこたあない、我がScan-Speak 15W/8530K00システムも大音量ではコルトレーンが鼻ラッパで聴いていられず、bgm的なボリュームになっている。分かった、小音量ではjazzも戦いを止めてbgmに成り下がるのだ。altecシステムの大音量で初めて戦うjazzであり、戦うコルトレーンとなるのか。

|

2021年9月 2日 (木)

ステーキの銘店 ステーキハウス・ルセール

210902120何年か振りに清水区にあるステーキの銘店ルセール さんへランチに出向いた。佇まいは以前と何も変らず、しかしシェフも違うし、フロア担当の女性も違う。う~ん、まあ声も掛けずに黙して美味しくランチを頂こうか、と決めた。「サラダのドレッシングは?」とその女性から声が飛ぶ。あ、聞き覚えのある声!「もしやs原さん?」「いいえ、s原です」何と20数年の隔たりは、世話になった静岡店のフロアマネージャーの名前すら曖昧になっていた。姉さんと呼んでいた、静岡店のマネージャーだったs原さんが確かにそこに居た。

2109022「ママも居ますよ~」と言う「是非会いたい!」ルセールのママが巴川の川淵で小料理屋串一をやっていた1968年、先輩に連れられて良く通った。その時遅い時間になると鈴与のステーキハウスのシェフをしていた旦那が戻ってくる、50年前からの付き合いなのだ。それから半世紀、それぞれの事情でそれぞれの苦労はしたが、何とか生き延びた。ママが呼んだらしくシェフの登場で、旧交を温めた。ママの一言「あんぷおやじさんのことは聞いていましたよ、どうしているかなと心配してました...」

2109023何だか胸が熱くなり旨いステーキはもう食べられない。シェフも体調を崩されたようで一回り小型になっていたが、相変わらず話術巧みですっかりルセールの美空間はタイムマシンとなり、何十年か前の風景となった。地に財は積んでいないが、知に財を積んだ人の繋がりは、半世紀経った今も不動でありました。シェフの別れ際の言葉「今日は良い日になりそうです」が印象的だった。
胸が一杯で写真撮影など忘れてしまい、画像はルセールさんのホームページから借用です。

|

2020年10月12日 (月)

定宿 伊豆高原 花吹雪

2010115ロボット会社時代はしんどくて「少しでも清水の地から離れよう」とゆう無言の意志が働いたようで、遠方へよく出かけた。最近は自由気ままなプータロー生活で、遠方へ行くのは面倒なり、と変わってしまった。その点伊豆高原の花吹雪さんは見事に黄金比の距離にある。過日、そうだ花吹雪行こう!と駄馬を飛ばす。オーナーの市川さんは編集者をやっていたような文化人で、他の温泉宿とはとんでもなく違う。その正体が分からず20年以上も通っているが、その何か?に最近気付いた。(会長さんですか?と聞けば「この辺りの住人の市川です」と言う。フツーならば社長とか会長とか胸を張るものだが、この辺りの住人とゆう表現のウイットさ)に、何かの正体がありました。

2010114到着して驚いた、昔馴染みの姉さんが戻っていた。20年も通っていれば親しい姉さん方も増えたが、最近は殆ど若い方に代わっていたのだ。上画像は八寸で、上品な食材が少しづつあり、アワビまで付いていたのは嬉しい。現在の料理長はオーナーの息子さんで、毎度気合を入れて歓迎してくれる。画像は〆のクリご飯だが、途中の写真は撮り忘れた。

2010116一番のお気に入りは黒文字の湯で、勿論貸切です。黒文字の湯は内風呂と露天風呂と両方が備わり、空間的には一番広い。泊り客も居るから必ずしも黒文字の湯に入れるとは限らないが、全部で5つくらいあるからその時々で色々変える。塀の上をリスがチョロチョロ走ったりして、伊豆高原の象徴みたいだ。泉質は無味無臭でサラッとした湯、たいていは一番風呂だから鼻先まで湯に浸かり、温泉の神様を十分に吸い込む。明日をも分からない厳しいロボット時代に、温泉に鼻先まで浸かり、温泉の神様を十分に吸い込んだお陰で生き延びれたような気がしてならない。温泉とはありがたきかなです。

|

2020年9月28日 (月)

木曽路

2009285西方の天気予報は具合が良さそう。「そうだ!木曽いこう」と駄馬(古い高級車)を駆る。清水ジャンクションから新東名にのり、豊田ジャンクションで東海環状へ、あとは中央高速で中津川まで、そこから19号線を北上する。習慣で中部横断道から中央高速、飯田山本で降りて清内路峠を越えていたが、豊田ジャンクションのお陰で、こと木曽路に限ってはこっちの方が早い。清水インターから247kmで妻籠の中央駐車場へ着く。駐車場のおじさんがこっちの手馴れた様子を読んで「何回目ですか?」と聞く。すかさず「常連です」と応戦する。「手打ち蕎麦屋さんはやっていますか?」「吉村屋さんのご主人は体調を崩されて休業中です」「ならば五平餅と蕎麦屋のお店は?」「あ、それならば本陣前のおもてさんへ行ってください」

2009286早速本陣前のおもてさんへ行く。たまげたのはコロナ禍中の7月に来た時はお店が閉まっていて、場所すら分からなかった。アリババと40人の盗賊みたいなもので、お店が閉まっているとどの店も似たようなもので区別がつかない。今回は五平餅の看板を確認したから、もう間違いない。あんまり早く着いたものだから、つい無理を言って20分も開店を早めていただいた。お店のおかみさん曰く「コロナでどのように対応していいか分からず、4月から7月まで店を閉めていました」。天ザル蕎麦と名物の五平餅をいただく。ここの五平餅はお店の看板のように中くらいの丸2個で珍しく、クルミ味噌が格別です。

2009288続いて花之木屋さんへ行き、ここでも五平餅をいただく。こっちは岐阜に近い信州のスタイルでワラジ風なもの。例の石垣のウチワサボテンは健在で、今回は店のおかみさんに声を掛けた。すると「ああこれね、妻籠のあっちこっちの石垣に植えてあり、ウチだけではありません、今年は黄色い花が咲きませんでしたねえ」やっと理解できて、かなり昔にウチワサボテンを持ち込み、殆ど帰化状態になっている。但しこの垂直な石垣がポイントで放射冷却からも逃れ、雪も積もり難く、第一水はけは完璧、生活の知恵で得た栽培法に脱帽です。

2009287清里はケバくなって衰退してしまいしくじり感があり、白川郷は世界遺産でそのようになり、木曽の妻籠はケバくなる前にブームは去ったのか?まあまあ昔の落ち着きを取り戻している。但し2軒ほど中国観光客目当ての店が出現して、我ら50年も通い見続けるファンには抵抗がある。ただ物見遊山で観光に出向くこっちと、田舎の辺ぴな場所で生活していかなければならない住人との間には、温度差があることは間違いない。それでも木曽は信州の真っ只中、蕎麦屋のおかみさんも、土産物屋のインテリご主人も、精一杯歓迎してくれることに感謝すべきだろう。ゲットは大栗ひと塊800円也でした。

|

2019年5月28日 (火)

音色力学 古典管ラインアンプ カニンガムcx350 8

5254さて、ここでもう一度佐久間さんの偉業について触れておこう。最近また県立総合へ通う日々が続いている。検査のためで、検査して1週間おいては結果の確認の繰り返し、控えの席は患者で溢れ返り、まるで野戦病院の如しです。待ち時間が多く、佐久間さんの直熱管アンプ放浪記と続を丹念に読んでいる。すると例のトランスでサンドイッチしたボリューム方式が、ある日を境に全部に適応されてくる。但しボリュームは8Ωではなくて150Ωとなっているが、まあニッケルクロム線の巻き線抵抗ならばほぼ同じ音色となる。決定的は「続 直熱管アンプ放浪記」で、ボリュームは全て巻き線型ボリュームの100Ω~300Ωに集約されている。これが佐久間駿流儀の音色力学で、佐久間さんは芸術的嗅覚でこれを嗅ぎ分けた。カーボンボリュームやお化け切り替えスイッチ+カーボン抵抗ボリュームは、いくらがんばっても太いニッケルクロム線の音色は出ない。まあこれらチープなカーボンボリュームで良しとしているオーディオシステムは、音色感度が極めて鈍い、とゆうことになる。

5278また、佐久間さんの音はトランス多用でナローレンジと判断される御仁も多いが、それは当たらない。佐久間さんの好むjazzやクラッシックは年代物が多く録音自体がナローレンジだし、使っているスピーカシステムもナローレンジだし、佐久間式チューニングはナローレンジの方向へ向かっているだけで、アンプ自体はナローレンジではない。物事を判断するには客観性が大事で、前述のような全てを見通してからナローかワイドか判断すべきでしょう。第一トランスのレンジが狭いなどと言ったら、世界に冠たるタムラ製作所のオーディオトランス設計者が怒るに決っている。

5271名工ミルトさんに古典管ラインアンプ用トロイダル出力トランスΦ400mmの1回目の巻き直しをお願いした。連日のトロイダルトランスの巻き直しで、少しずつではあるがオーディオ用の各種トランスのノウハウが手に入ってくる。しかしながら如何せん遅すぎた。若ければ確実にベンチャーを興していただろうが、我ら凡人は思想信条の熟成には時間が掛かり過ぎ、残念なのであります。900ターンを2層巻いて、更に300ターンを追加巻きしてもらった。早速cx350でラインアンプとしての特性を採ると、パワーチャンデバ負荷抵抗を2kΩとした場合には20hzからフラットに出始めて、これは凄い!但しラインアンプ用で次段インピーダンスが高い場合の話で...ここから1つの結論が見える、低域を出すには沢山のインダクタンスを!となり巻き数を増やし、磁気飽和対策で通常のトランスならば磁気ギャップで調整するがトロイダルトランスでは透磁率で調整する。今回の透磁率の低い鈍コアならば現在の1000ターンから2000ターンに倍化しても問題ないが、1次2次ともでは4000ターンも巻かねばならない。

5272ラインアンプ用の出力トランスの巻き数が決った所で、ハッと気が付いた。せっかくだからこのまんまでcx350シングルパワーアンプの実験もしよう。スピーカはScan-Speak 15W/8530K00の水晶粒完全防振構造化したものを、実験室から引きずり出した。cdpはソニーの337esdとした。但しcx350シングルパワーアンプもどきは1個しかないのでmonoで実験する。

5275先のトランスの1次側を900ターンx2の直列接続にし、これの1/18(レシオ)で300ターン追加巻き線から100ターンを出した。結果1次1800ターン、2次100ターンの出力トランスに変身した。2次側に16Ω接続すると1次側は16Ωx18の2乗=約5kΩ相当になる。そこでcx350の動作特性からプレート電圧とグリッドバイアスを引き出しセットする。350管の問題点は大きな励振入力が必要で、しかしhp 8903B Audio Analyzerで最大の6vまで出すと励振用で用意したramsaのwp-1100が31vの出力電圧でクリップしてしまい、正式な実験にはならない。それでも周波数特性はある程度見られて20hzは波形歪みが大きく、30hz位からは何とかなる。ここが正式になれば更に低域実用周波数は狭まる。

5273ここからさっきの文言「1つの結論が見える、低域を出すには沢山のインダクタンスを!」、また巻き直しかい!ミルトさんに迷惑を掛ける。計算式に乗らないのは動作条件がインダクタンス測定時と350シングルアンプ時では異なり、透磁率に差が出ることでやむを得ない。現状では限界のcx350シングルパワーアンプ実験装置が出来たので、早速音出しをしてみた。こんなバラックでも、のっけから良い音が出てたまげる。

5276Scan-Speak 15W/8530K00は86dbと能率は悪く、altec515bは105db驚異的能率で19dbの差がありこの程度のパワーでも聴いてられないくらいの音量になるはずで、しかも低域は品格のある音で、これで完成としても良いのではないだろうか?自分用ならば迷わず完成とするが、ミルトさんの分も兼ねているから迷う。

5277そこでwp-1100の代替品アムクロンのce2000txモータ用アンプを持参してもらい、ミルトさんに来店頂いた。例のジェイ・マクシャンのcdをかけると「しなやかで品のある音!」とミルトさんはたまげる。キリストの言葉に「貧しき者は幸いなり」とあるが、それになぞらえて「耳貧しき(耳が悪い)者は幸いなり」としよう。ミルトさんもあんぷおやじも耳が悪い、こんな極端なトロイダルトランスを作って音を激変させると、ようやっと音が分かる。金田式のre55金属皮膜抵抗の音の良い方向が分かったり、ダイエイ電線の音の良い方向が分かる凄耳に比べたら駄耳で、当時は随分劣等感があったが最近はそれで良いと気付いたのだから、人生何が起きるか分からない。ミルトさんに1000ターン分の1層追加巻きをお願いした。これで1次3000ターン、2次レシオ18として170ターンカルダスケーブル巻きで、cx350シングル出力トランスまで決定した。

5279まずいインスタントコーヒーを飲みながら(閉店後は面倒でタダコーヒー)ミルトさんと密談する。「今度のamp研究会で面白い実験をやろう」「何をしますねん」「グリッドバイアス、プレート電流、プレート電圧の決定は世界初でいこう!」「どうゆう風に?」「t-mon君に良い悪いの2択で決めてもらい、それで各種ハードパラメータを決定してアンプ設計者がやらない」「それは凄い!」

|

2017年3月17日 (金)

生地から手作りの小さなベーカリー 「よね-パン」

Yone0
その小さなお店から、
つむぎ出されるパンは、
オーナーの人柄のように、
優しく真面目で、
潤いに溢れ、
久しぶりに、
美味いパンに出会えた!
Yone1ロボットベンチャー黎明期に苦楽を共にした仕事仲間が会社を辞して、富士市で生地から手作りの小さなベーカリーよね-パン を始めた。今でこそ立派なビルが立ち就職希望者は引手数多でしょうが当時のスレート屋根に入社して、厳しさに耐えた「よね-パン」さんは本物。
Yone2過日m+aさんと連れ立って突然訪問すると”あんぷおやじさん...ですか?”20年振りの再会の驚きと、お互い過酷な時を過ごした割には顔つきも穏やかで安堵した。積もる話もあるがなんせ開店中のことで、それはおいおいとゆうコトで早々にお暇した。昨日までロボットを売っていた人間がパン屋で大丈夫か?と心配になっていたが実に美味いパンで、よっぽどの覚悟と努力があったのでしょう。最近はチェーン店などの力任せのパンを食べていたから、やはり大切は”小さな魅力ある塊”を再確認した。国道1号線富士バイパスを通過される皆さんは、早川の交差点を富士山側に曲がり、新幹線のガードを越えて信号2つ目を左に曲がれば直ぐです。是非美味しい手作りパンをお求め下さい。
Miles当時「よね-パン」さんの友人はニューヨーク在住のファッションデザイナーで、あの見事に決まったマイルス・デイヴィスの衣装を担当していた。とゆう訳でマイルス・デイヴィスの未公開プライベート録音のテープを当時頂き大事に保管してあり、amp工房最大のお宝です。
その小さな魅力ある塊(よね-パン)はやがて大きな波動を起こす!

|

2016年12月17日 (土)

味覚力学 味も音も一緒と思う!

0xx過日、伊豆高原の定宿花吹雪さんへ食事と温泉に出かけた。さすがに20年も通っているとお姉さん方も代わられ、顔馴染みのお姉さんは1人だけになってしまった。

料理長も代わられ、ある時期は後退を感じていたが、今の若手料理長は中々いい、限られた予算内で創意工夫が見られ、細やかな気遣いも感じられて頼もしい。

1

先付 嶺岡豆腐

3

向付 金目鯛

2 吸物

4籠ずし

5 一の重

6二の重

7桜おこわ

8_2料理屋菓子

kuraiman 社長氏のブログライクな表現をすると、抜群のコスパ、大満足でした。
翌日はドリプラの和食屋へ、家人の希望だが何となく胸騒ぎがする。案の定、お代は高いし味は不味いの最悪コスパ、思わず悪態を付いてしまう。”こんなだから観光地清水(市)はダメなんだよ!”
常々味も音も一緒と思っている。
割烹”わかすぎで”美味いものを食べているから不味いものは直ぐに分かり、良い音を聴いているから悪い音は直ぐに分かる。しかしこれが案外難しく、原資豊かでも中々良いものに出会えないし、原資乏しくとも偶然出会えたりするから、人生何事もイーブンと思っている。

|