2022年1月 3日 (月)

日の丸コンピュータの祖 池田敏雄さん

2201031a社製作のcmosramメモリーデータバックアップボードは、nmi(ノンマスクインターラプタ)の高速処理を持ってしても時々データ破壊する。回路設計者のo氏にカイゼンを依頼するが一向にラチが明かない。産業用の現場での実績が少ないからのトラブルで、データ破壊するたびにお客様に頭を下げて回った。パルスモータタイプの4軸ロボットも限界で、dcサーボモータ化した。そのコントローラにcmosramの苦い経験から富士通のバブルメモリを採用した。バブルメモリーは磁気メモリーだから基本的にデータ破壊は無い。納期は迫っていたがインターフェースに随分苦労しており、思い余って富士通中原のメモリー部隊に協力を要請した。夜半、川崎中原の富士通に到着すると、暗がりにアムダール事務所と看板があり、池田敏雄さんへと思いは繋がり武者震いをした。iaiになる前の清水機電の時代で、1983年頃のことだった。

2201032正月番組で昔のプロジェクトxが流れた。facom100のリレー式コンピュータからfacom m190までの池田敏雄さんの壮絶な歩みだった。改めて発明、開発の行動の原点の確認をしたが、池田敏雄流儀は「感動」であった。この感動の大きさが後の開発者人生を決定付ける重要なファクターなのだ。池田敏雄さんが亡くなって50年近くが過ぎ、コンピュータの主体はメインフレーマでなくてパソコンになり、更にスマホになり、めっきり「感動」の減ったことよ。

|

2022年1月 1日 (土)

謹賀新年 2022年

20220

|

2021年12月29日 (水)

老兵は未だ去れない2進法2

仕事2112291最終日にk工業のm氏からtelがある。新技術開発機構の打ち合わせで「正月に悩んでみます!」とm氏は結んだ。四六時中考えることが大事で、しかしこれは何人(なんぴと)にも出来る話ではなくて選ばれし者の才能とも言える。こっちもそのことだけは人後に落ちずで、如何に2進法を10進法に近づけるかは夢にも出てくる。たいていは結論付いた補足の夢で、夜中に店に出てプログラミングすれば何とかなる。3日目に基本動作は動いて、よしこれでいこう。iai時代の相棒のソフトマンは「3日やってダメなロジックは捨ててしまえ!」が口癖で、そのことは胆に命じている。

2112292こちらが50hzの動作波形。上がpwmポートから吐き出した50hzの波形で、周波数カウンターへ入れて周波数モニターをする。勿論sh7145cpuボードには7セグメントのディスプレイが十分な桁数載っているが、老兵は未だ去れない2進法は面倒でディスプレイはやらない。下が16bitのdaコンバ-タから吐き出した電流制御出力で、これで位置決め動作をやる。

2112293超便利は超ヤバくて、ちょっとした電子機器はamazonから中華を買う。昔のデジタル黎明期の教本は周波数カウンターで、良く作ったものだ。KK moon 10MHz周波数計 DIYキット AVR 周波数カウンター AVR周波数シェルカウンターシンモメーター 周波数測定 0.000 001Hz解像度、1,699円はたまげる。しかも翌日に届くのだから泥縄向け。しかし取説は大雑把で組み上がりは結構妖しい。

|

2021年12月25日 (土)

老兵は未だ去れない2進法

2112251今年の研修最終日にm工業s氏は見事に50hzの矩形波を作り上げた。重要なのはどんな手法を取っても結果を出すこと。sh7145 risc cpuのソフトはc言語でしか書かないが、それをあんぷおやじ流儀のアッセンブラで書いたのだから大いに評価できる。同時にこっちでもソフトを組んでいるが、同じ手法で組んだのでは情けない。そこで本格的周波数シンセサイザーを作るべくsh7145のマニュアルを引っ張り出した。最近はマニュアルを出していないから、無理して購入すると20,000円もするらしい。20年以上も苦楽を共にしたマニュアルはボロボロで、テーピング処理で何とか体裁を保つようにした。

2112252ノイマン型コンピュータの欠点は2進法で「いや当たり前のこと」1,2,4,8,16,32,64,128...とネズミ算だから大いに困る。例えば100hzを2進法で割れば50hzになってしまい中間など到底出来ない。常用周波数の200hzまでも1hz単位で可変するにはどうしたら良いのだろうか。画像の2進法タイマーを何とか欺いて、2進法でなくすしかない。よくよく考えたら常に2進法との戦いで、老兵は未だ去れないか...

|

2021年12月23日 (木)

ライン禍とお詫び

2112221ラルフローレンの美人女史に「ラインのアプリを入れてください!」とお願いした。「あ~やって、こ~やって、これで許可で良いですね?」と女史に言われて「ようがす!」と訳も分からずokしたのが間違いで、電話帳の全てに「ラインを始めました」が送られた。そんなことはお構い無しに家人はこれで5%割引と嬉々としている。後に旧友やラグビー仲間や、韓国の友人からも「元気?」とラインが入って大慌て。返事も出せずにこの場を借りてお詫びします。
ラインと平坦な発音もラインと発音して、これも嫌いだ。

|

2021年12月21日 (火)

インダクタンスの怪2

21122001945年、ダ・ヴィンチはルドヴィーコ・スフォルツァ公からの依頼で、ミラノにあるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂へ最後の晩餐を描いた。スフォルツァ公はパトロンだが煩いことは言わず多分「よきに計らえ~」だったに違いない。こうなるとしめたもので、ダ・ヴィンチはフレスコ手法を取り入れず、勝手に決めて乾いた漆喰へテンペラで描いた。これがさあ大変、描いた翌年位から絵の劣化が始まった。ですから我々が目にする最後の晩餐は、ご覧のように霧の中にぼ~っと浮かんで見える。これが実に良くて、見たくても見せない最後の晩餐の神秘なのだ。

2112201こっちもさあ大変、インダクタンスは神秘で実態を見せない。約1mhのインダクタンスに配線抵抗を0.5Ωとし、100hzの矩形波を印加したltspiceシュミレーションでは、ご覧のようにt=l/rの時定数を持った指数関数で電流が流れる。

2112202ところがvcmの実際の電流波形は画像のようになる。100hz矩形波の電圧波形が黒、電流波形は緑、上のシュミレーションと似ても似つかない。時定数のt=63%に達する時間は約200μsecとなり、インダクタンス1mhのt=2.5msecとは程遠い。この怪、いや神秘現象に推論を立て解決を目指しているがことごとく撃破されてしまい、いささか参っている。

|

2021年12月19日 (日)

油絵とSnow Beach

2112160コルトレーンが亡くなった1967年は県の芸術祭へデビューした年で、運良く上位へ入った。この年の大賞は大庭裕輔先生で、後に審査員となられてあんぷおやじを随分引き立ててくれた。タイトルは「地には平和を」で反戦絵画の始まり。主審査員の土方定一先生の評価は「シュールの傾向であるが技術が高い、思想的な意味がよくわかる」とあり、しかしこの技術が高いは全く持って当て嵌まらず、下手だからこそ寝食忘れて夢中で描いた。「貧しきものは幸いなり」と聖書にあるが、技術が無いからこそ努力し現在進行中の新技術開発機構も前へ進む。

2112161時を同じくしてブルックスでネクタイを担当していたラルフローレンが、ワシントンスクエア近くにお店を構えた。これがラルフローレンの始まりで、ファッションに1967とか67の文字が踊るのもそのせいなのだ。1992年、1993年のSnow Beachやスタジアムの復刻盤が、2018年の2月にラルフローレン キャットストリートで抽選で発売され、長蛇の列となった。

2112184こっちは東京が嫌いだし、はなっから出かける意志も無いし、なんだか別世界の出来事に見えていた。それが御殿場のラルフローレンs氏のlo-lifeの薦めで、すっかり嵌ってしまった。更に1992スタジアムシリーズでなくて、Snow Beachシリーズなのだ。その理由にハタッ!と気付いた。そうか油絵を描く時好んで多用している色なんだ。ライフワークは「愚行の輪」でその1作「再生のアイロニー 1972」が研究室に飾ってある。黄色に赤に黒にアメリカの国旗、我ながら納得でした。

|

2021年12月17日 (金)

トヨタの底力

2112171ごまかしやインチキがまかり通る政治の世界より、真実しか勝てないテクノロジーの世界が面白い。iai時代に見城先生から「モータで相談したいならば駒ヶ根のw社を尋ねたらいい」と言われ、ボスと駒ヶ根に飛んだ。以来随分長い付き合いになったオーディオモータ界の重鎮n先輩も引退で、もう会社に居ない。n先輩の傑作はteacのa-4010テープデッキとdenon dp-80のエディカレントモータの開発で、後世に足跡を残した。

211217220年近く前になるがn先輩が血気盛んなりし頃、トヨタのプリウスモータのカイゼンの要請を受けて意気揚々と出かけた。暫くしてn先輩に「どうでした?」と聞くと「出る幕は無い!」とエラく落ち込んでいた。章男社長の電気自動車350万台に本気度は?などと訝しがっている御仁も多いが、とんでもない。

21121731997年からプリウス用のモータ、それを駆動するipmモジュール、バッテリの量産を始めており、ハイブリッドを隠れ蓑にした電気自動車を24年間も作り続けている。その間ぼ~っと作っている訳ではなくて例のカイゼンが飛び交った訳で、凄まじい進化を遂げている。電気自動車の主幹はモータ、ipm、バッテリ、24年も先んじているトヨタはキバを隠しているだけ。n先輩はモータ工場を見て恐れをなし、あんぷおやじは画像のipmモジュールを見て恐れをなした。黙して語らなかったが「その電気は誰が作る?」努々章男社長の言葉に惑わされるなかれ。

|

2021年12月15日 (水)

LO-LIFE ローライフとスローライフ

2112121御殿場のアウトレットに活気が戻ってきた。歳末の日曜日は立錐も出来ないほどの賑わいで、しかし日本人だけにはたまげる。コロナ禍前は中国人が半分ほど、それに韓国人とインドネシア人?が続き、日本人はチョボチョボ。これが日本人だけでこのありさまで、コロナ禍が終わればどうなるのだろうか?
ラルフローレンのコテコテラルフマンのs氏が移動と聞いて御礼に出かけた。丁度移動の時期で、東京や近郊の路面店からコテコテラルフマンが10人近く移動してきた。上から下までビシッとラルフで決めた未来の幹部候補生は、ラルフーローレンに関してはプロで、何かとアドバイスがもらえて頼もしい。

2112122頼もしいがスノウビーチのスニーカーを履き、リンクスビーチのパーカーでバリバリのlo-lifeスタイルには無反応なのね?1ヵ月半振りにs氏に会うとニコニコしながら「良いですよ、これですこれです、自分もあんぷおやじさんの年齢になったらジャケットとネクタイを捨てて、lo-lifeスタイルです!」まあ、lo-lifeの師匠だから当然と言えば当然だが。ラルフフリークのヒップホップミュージシャン達がニューヨーク・ブロンクスで立ち上げたストリートファッションは自由で、これでスローライフです。

|

2021年12月11日 (土)

インダクタンスの怪

2112101ルドヴィーコ・スフォルツァ公(Ludovico  Sforza レオナルド・ダ・ヴィンチに最後の晩餐を依頼)が弱かったばっかりにフランス軍に負けて、結果ルーブル美術館にモナ・リザは持っていかれた。同時の膨大な量の手稿も各地へ散らばった。ズタズタに敵をなぎ倒す騎馬戦車も妖しいし、戦車に至っては人力だから動きが悪く亀のようにひっくり返されてしまう。勿論テクノロジーがトロい時代だからルドヴィーコ・スフォルツァ公を煙に巻くには十分だったに違いない。発明発見の過程には常にこの妖しい、怪しいが付きまとい胆に命じている。スフォルツァ城の見学は通り一遍で、核心に触れていないからつまらなかった。ダ・ヴィンチが居たのだから丁寧な見学を望みたい。

2112102こっちも相当に妖しくウンウンしている。インダクタンス270μhに300hzの周波数を印加すればltspiceシュミレータのように、インダクタンス成分と抵抗成分により遅れ角度が定まり遅れる。

2112203こちらが実際の波形だが、位相遅れは殆ど無い。鉄芯入りインダクタンスはlcrメータで計測出来ないから、巷で言う電圧降下法で算出している。「アンプ出力36.58v、駆動コイル電流71.3a、z=36.58/71.3=0.51Ω、l=0.51/6.28x300=270μh」この計算式から270μhと出る。シュミレーションより実験が優先するのは当然だが、シュミレータに存在しない現実の隠されたパラメータがあるのだ。この実験画像から見えてくるコトは、インダクタンスがあるようで無い怪なのだ。

|