2014年7月30日 (水)

コルトレーンジャズ

Coltampxxコルトレーンジャズは観賞用的娯楽的ジャズに非ずで、芸術の世界へと深く々踏み込んでしまった。ベラスケスやゴヤに会うにはプラド美術館へ行かねばならず、スペインのマドリッドまでの旅費はそれなりに掛かるが、絵画の場合はまだいい。コルトレーンに会うには大金(家1軒分)を投じても全くお手上げで、自前でコルトレーンオーディオ装置を作らねばならない。おまけに揺るぎない覚悟と人生の大半を費やす時間が必要なのだ。

Medx1961年から始まるインパルス時代のコルトレーンは死とゆう絶対状態に進路をとり、トレーンの愛称通り全力でひた走った。アセッションやメディテイションを聴くがいい、これらの魂の叫びは娯楽的心地よいjazzからかけ離れて、ゴヤの黒い絵の時代のような重苦しさに包まれ思わず絶句する。Ascensionx 既に純粋jazz状態を脱して1965年のコルトレーンは、時代が、芸術が、音楽が、jazzが、テクノロジーが、進化したはずの現代をも超越している。アセッションとメディテイションをして、”コルトレーンを聴くな!”と評論されたりしたが、何ともプアーな感性力だな。

Assxそのアセッションだがスペースを音の粒で埋め尽くしてしまい、もうこれ以上表現のしようが無い状態をコルトレーンは作り出してしまった。オレンジ盤のレコード溝は通常のjazzとは違い全周に渡りすれたように見える。

絵画で例えればモナリザの空気遠近法の背景を遠近法を無視してオブジェクトを描き詰めた状態で、鑑賞すれば心穏やかでは居られなくなる。

このスペースを埋め尽くした音の塊を聴いてしまうと、コルトレーンバラードがお茶漬けサラサラになるのだから不思議だ。録音は素晴らしくコルトレーンもこれ以上やることが無いを予感させるし、jazzサウンドの鮮度とエネルギーが衰え始める前夜を思わせる。”コルトレーンを聴くな!”ではなくて”アセッションを聴け!”と言いたいが、オリジナル盤とそれなりのオーディオが必須、手持ちはレアなエディション1でした。

|

2013年6月22日 (土)

システィーナ礼拝堂500年祭記念 ミケランジェロ展

Micxシスティーナ礼拝堂
500年祭記念
ミケランジェロ展
天才の軌跡
会期:2013年9月6日
~11月17日

システィーナ礼拝堂の天井画は剥がして持ってこれない。よって見るならば必然的にヴァチカンを訪問するしかない。しかしこれがいいのだ!

絵画はライブに限る。
その場所へ行き、ミケランジェロが吸った空気を同じように吸い、ミケランジェロが歩いた道を同じように歩き、ミケランジェロが見たテヴェレ川を同じように見る。

jazzはレコードに限る。
ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードへ行ってもジョン・コルトレーンは聴けないし、サンフランシスコのキーストン・コーナーは既に無くjazzは聴けない。

|

2013年6月 8日 (土)

ウフィツィ美術館のミケランジェロ

Mic画像出典:wikipedia

毎度ながら恨めしいのがウフィツィ美術館の撮影禁止である。100歩譲って、フランクフルトのシュテーデル美術館のように有料でも構わない。

画像の”聖家族”は、1507年頃イタリアルネサンスの最盛期に、ミケランジェロが描いた油絵の傑作、この後ミケランジェロはシスティーナ礼拝堂天井画の製作で、フィレンツェを離れローマへ行くコトとなる。

Micxシスティーナ礼拝堂は天井が高くしかもフレスコ画、ミケランジェロの技を見るにはチト遠すぎる。

この作品はウフィツィ美術館の展示室で至近距離で見ることが出来て、彫刻家ミケランジェロの天才ぶりに腰を抜かした。

wikipediaの上画像はコントラストが強すぎで、下画像のように修正したがまだ本物にはほど遠い。彫刻ピエタ像のようにきめ細かく繊細で、透明的でクリーミーで周囲をやわらかくする表現法は、後にも先にもこの絵しかない。

|

2013年5月29日 (水)

ラファエロの間 了

Raffa5x署名の間の”パルナッソス山”

ラファエロの間の画像は、珍しくwikipediaの方が画質が悪く参考にならなかった。あんぷおやじ撮影の画像の方が鮮明。

Raffa6xxあきらかにミケランジェロの影響か?筋肉質の肉体が見えるボルゴの火災の間の”ボルゴの火災”

Raffa7xx最後に登場が同じくボルゴの火災の間の”レオ3世のカール大帝への授冠”

聖母子シリーズの優しく中性的な魅力のラファエロも、システィーナ礼拝堂でたった一人で描いているミケランジェロへの嫉妬心か?憧れか?ドラマチックな劇場的絵画に、正直圧倒された。

ラファエロ展(2013年3月2日~6月2日、国立西洋美術館)に合わせて、好きなルネッサンス期の巨匠ラファエロの特集を組んでみました。

|

2013年5月26日 (日)

ラファエロの間 Ⅱ

Raffaxユーミン似で女優兼絵画史研究家でガイドの淳子さんが”予定を少し変更してバチカン宮殿にあるラファエロの間を見学します!”と言う。

参考:
”ラファエロの間”はコンスタンティヌスの間,ヘリオドロスの間,署名の間,ボルゴの火災の間,の4つの部屋の総称。

お足も地位も名声も世俗の富は死と共に消えうせるが、残された絵画は永遠に残る。依頼者(パトロン)のローマ教皇ユリウス2世は1513年に亡くなり、ラファエロ自信も夭折で1520年に37歳で亡くなる。よってラファエロ自身、ラファエロの間の完成を見ることは無かった。

風雲急を告げたドイツのルター宗教改革、スペイン軍のローマ略奪などカトリックの威信が揺らぐ前の平穏な時期に、ラファエロが描いた”聖体の論議、1508~1509年”を撮影した。システィーナ礼拝堂は天井が高く光が弱くて撮影困難、ラファエロの間は絵がデカ過ぎの至近距離撮影を要求されるが素人のあんぷおやじには無理、この画像が精いっぱいでした。

|

2013年5月22日 (水)

ラファエロの間

Raffax昭和30年代も後半、漫画家がプロダクション制を敷いて分業化が始まった。

漫画家をヒーローと見ていたあんぷおやじは、プロダクション制の分業化にえらく幻滅した思い出がある。

画像はラファエロの間にあるラファエロ作”ボルセーナのミサ、1512年”で、既にユリウス2世の秘蔵っ子だったラファエロは弟子達を多く使い、盛んに分業化をやっていたのだ。

一方システィーナ礼拝堂ではミケランジェロが弟子達の不甲斐なさに全員首にして、何と1人で天井画を描いていたのである。よって1人プロジェクトxの先駆者として認定しよう。

分業化は芸術を職人術と変えてしまう。分業化で多作なラファエロより、苦しみぬいた1人プロジェクトxのミケランジェロが魅力的だね。

|

2013年3月12日 (火)

カラバッジオとベラスケス

Caraxカラバッジオは1571年~1610年、38歳で亡くなる。
ベラスケスは1599年~1660年、61歳で亡くなる。

2人の年代はラップしているが、ベラスケスの宮廷画家デビューが20歳の時で1619年になり、結局カラバッジオが生きている間にベラスケスは会えない勘定となった。

画像はカラバッジオのバッカス(1599年頃)でウフィツイ美術館で初めて観た。

Veraxこちらはベラスケスのバッカスの勝利(1628年~1629年)でプラド美術館で観ている。

バロック絵画で同時期、ベラスケスは間違いなくカラバッジオの影響を受けている。ベラスケスは中性的な絵は描かないが、バッカスの勝利は中性的でよう似とる。現代のように情報伝達が高速であれば、盗作騒ぎになったに違いない。

|

2013年2月23日 (土)

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ

Carav2xウフィツ美術館で本物を見るまでは、何か中性的で暗く好きではなかった(とゆうより嫌いだった)ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョで、人気振りが理解できなかった。

嗜好は漂う波の如しでフラフラと変わる側面があり、我ながら反省しきり。ただ絵画に関しては本物をその展示場所で観る!
ベラスケスならばマドリッド,プラド美術館へわざわざ出向く、これが基本的な儀式で、美術館の具合、空気、臭い、音、周囲の環境など全てが加算されて初めて答えが出る、と決めている。

ベラスケス、レンブラント、ルーベンス、フェルメールがイタリアバロック期絵画の影響を受けたとすれば、カラヴァッジョも原点の1人と決めて、絵画勉強はミケランジェロ、ダ.ヴィンチ、カラバッジオのイタリア3巨匠となる。

保守的な宗教画を大衆並みに引き降ろしたカラバッジオの表現は、当時としたら前衛だったのだろう。

|

2013年1月26日 (土)

ヴァチカンのラファエロ

Raphサンピエトロ大聖堂の内部には、名だたる芸術家の名画が沢山展示されている。その中でもお気に入りが、ラファエロ.サンティの”キリストの変容”である。画像の写真で精一杯の撮影です。

ラファエロ.サンティ( Raffaello Santi,1483年~1520年)はわずか37年と短い人生で、文部省推薦の優等生的でヴァチカンに全てを、人生を吸い取られたような気がする。

ラファエロ.サンティは、ダ.ヴィンチ、ミケランジェロとともに、イタリアルネッサンス黄金期の3大巨匠とされているが、ダ.ヴインチ、ミケランジェロは反骨精神旺盛で優等生とは言えなかった分、自分の人生を歩んだ気がする。

37歳の若さだったが、夭折の芸術家とは呼べないほど多くの作品を残している。

|

2012年5月21日 (月)

ベラスケスの絵画技術

Prdxx身分を偽り、しかし宮廷画家の頂点を極めたベラスケスの絵画からは、悩めるベラスケスの深層など微塵も感じられなかった。

絵描きのなりそこないは先ず絵画技術の観察から始まり、絵を鑑賞する所ではない悪い?習慣が出来てしまった。だいたいが画集でしか見た事は無く、画集は小さく写真の様でしかない。

Mrga318cm x 276cmのラスメニーナスなど画集では写真的な絵画技術と見まごうばかりである。

ラスメニーナスのマルガリータ王女の拡大だが、実物は筆のタッチが大胆極まりないが、しかし距離を離すと写真の如きで驚かされる。

プラドでベラスケスを見た瞬間に、マネが”画家の中の画家”と呼んだ意味を真に理解した。

|