2016年9月26日 (月)

増幅力学 ラグビーとアンプとゲイン編

Kizu_2 ラグビーワールドカップ南アフリカ戦のテレビ中継にクギ付けとなる。ワールドチャンピョンに2度も輝き、アパルトヘイトを打破した今は亡きマンデラ大統領率いるスプリングボクスには、特別な感情を持って支持していた。後半の後半の最後、ゲームキャップテンのマイケル・リーチ君はラインアウトを指示し(我々はリーチ・マイケル君の呼び方に馴染めない)フッカー木津君に”外すなよ!”と耳打ちする。

2006_2その木津君とは2006年花園で同じ東海大付属同士で、戦い相いまみえた。no5ロックで木津君、no8で前川君、皆トップリーグになった。この年にラグビーがゲインである事を名将h多監督から教わり、なんだい、ラグビーとはゲインでアンプなのか?

Gain真空管を学べば直ぐ出てくるのがゲインの公式、確か高校2年の電子工学で学んだから50年以上も同じ式を使い続けている。これをラグビーに当てはめると、μは精神力でrpは相手の力、Rは自分の力、ゲイン1以上が前進でゲインラインを切ると表現するが、力が拮抗している場合には相手より2倍以上の精神力μを持つ必要があり、ラグビーもアンプも同じであるコトが解る。しかし公式は同じでも音は格段の進化を遂げたから、普遍が如何に大切か思い知らされる。アンプの設計には四則演算が解れば十分で、よって小学生の算数で問題ない。やたらと難しい数学モデルを作った所で音はたかが知れているし、今時は何処の大学の研究室でも取り合わないから、数式はもう往生しよう。

301xさてこの数式にあてはめると古典球対プレート抵抗1kΩの是非が分かる。先ずはカニンガムのcx301-aを見てみよう。rcaが生産してカニンガムブランドで販売していた時期の物で、フィラメントはトリタンで電球そのものだが、防振構造になれば全く見えない。135vの時プレート抵抗10kΩでμが8となり、この時の概略ゲインは8x1/(10+1)=0.7で-3dbのマイナスゲインとなってしまい、1kΩは非となる。3kΩくらいにすれば+5dbでラインアンプやチャンデバに使える。

112x続いてカニンガムのcx112-aで、古来は3極出力管で使われていたからプレート抵抗は低い。フィラメントはトリタンではないから蚊の鳴くようなか細い灯りとなる。135vの時プレート抵抗5.1kΩでμが8.5となり、この時の概略ゲインは8.5x1/(5.1+1)=1.4で+3db位となり、1kΩは是となる。301などのプレート抵抗10kΩ組と共用するならば、2kΩでいける。この計算とて概略で、しかし3パラメータが動的であれば概略で十分がゲイン計算式で、ラグビーよりよっぽど楽だ。これは朗報で、銅マンガニン線水晶防振構造電磁シールド抵抗の2kΩはy本氏の技であれば難なく巻ける。

おまけ:
貧者の核とか原資乏しき者への福音とか勝手なコトを言っていたが、weを初めとした高価な古典球群を前に、原資豊かな者には敵わない現実もあると思い知らされた。そして今年こそは翔洋ラグビー部に花園へ行ってもらいたい。その為にゲインの公式を実践しよう!

|

2010年12月29日 (水)

第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会

Rug3試合結果出展:jrfu

27日と28日の結果が出た。

残念ながら静岡県代表聖光学院は石川県代表の日本航空石川に歯が立たなかった。1回戦は勝てるかと予想したが又しても全国1勝の重みを思い知らされる。

凄い試合が続出!
春日丘は同点だったが抽選で破れた。
荒尾と新潟工は新潟工業11:10で負けていたインジャリータームに22m内側でペナルティをもらいゴールして勝った。
山形中央と若狭の試合も1点差だった。

静岡県代表は現在東海大で活躍中のメンバーが居た翔洋ラグビー部2006年組の1回戦を勝利して以来勝ち星がない。

|

2010年12月28日 (火)

第47回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会 準決勝

Rugゼネラル観光のm月さんから東海大応援の案内があった。

試合結果出展:jrfu

1月2日は慶應を破った帝京との戦いで、昨年は1点差で優勝を逃がした悔しさがある。

2日は正月行事で応援はtvのみ、9日は応援に行くが先ずは2日の帝京戦の勝利!

bブロックでは早稲田と明治でどちらが勝利してもおかしくない。

高校ラグビーも始まり寒さと同時にラグビーシーズンの到来である。

|

2010年12月20日 (月)

第47回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会 東海大快勝

47rug2試合結果出展:jrfu

東海大は京産大に83-14で1回戦を快勝した。

我らが2006年組のryou君はno14ウイングでレギュラーに定着し、tuyosi君はマネージャーのボスでチームを支えている。

今年が2006年組ラグビー最終年で高校、大学と応援してきたが、来年の1月9日の優勝を持って晴れて卒業できる。

|

2010年11月29日 (月)

東海大ラグビー部 4連覇

Ryou関東大学ラグビーは東海大が関東学院大に48-7で圧勝して優勝した。

東海大では2006年組のtuyosi君とryou君が大活躍している。tuyosi君はマネージャーのボスをやり、ryou君は関東学院大戦に先発してトライをあげた。

その瞬間翔洋ラグビー部がアップしてh監督始め部員達の笑顔が写った。東海大にも関東学院大にも仰星の2006年組が居て見た顔が多い。

昨年の大学選手権では1点差で負けた悔しい思い出があり、今年こそは優勝して2006年組のラストを飾って欲しい。

|

2010年11月21日 (日)

第90回全国高校ラグビー静岡県大会決勝戦

2010準決勝戦を見た時点でラグビー素人にも実力の違いははっきりと分かった。

気持ちを切らさず最後まで戦って欲しい!と願っていたがそれは十分達成したと思う...残念ながら完敗であった。

一番の違いは意識の持ち方で、自分が何をなすべきかを十分に分かっている聖光学院と迷っている翔洋の差に見えた。

勝って得るものよりも負けて得るものの方が遥かに多い!お疲れ様でした2010年翔洋ラグビー部、指導陣の皆様。

さあ2011年組の始動で新人戦から全力で戦って勝ち進み、1試合でも多く試合をして欲しい。

|

2010年11月 7日 (日)

第90回全国高校ラグビー静岡県大会 2回戦

1105h多監督の指示で県大会2回戦は聖光を57対0(トライ数9本0本)で完封した。

後輩達の為にも完封を!が指示だった。

だが年を重ねるごとにそこが破れて昨年は花園出場を逃した。

今年こそは...本日11月7日は翔洋グラウンドで2回戦静高戦を向かえる。

高校総体以来の試合応援で半年振りの2010年組を見る事になるが、果たして成長の度合いは?

がんばれ!2010年組翔洋ラグビー部!

|

2010年10月20日 (水)

第90回全国高等学校ラグビーフットボール 静岡県大会

2010第90回とは切れの良い数字で、是非とも花園出場を奪還してもらいたいね。

高校ラグビーファンの年末のささやかな楽しみは、東大阪市にある近鉄花園ラグビー場へ行くことデス。

いきなり静岡で厳しい、順当に勝ち進めば準決勝戦で浜松工とあたり、決勝は聖光となるか?

11月7日,14日,21日はあんぷおやじのみラグビー応援で休業します。

|

2010年10月 7日 (木)

ラグビーの意義

20062テレビ中継された花園の華々しい活躍も意味深かったが、10月2日の雨の瀬戸西との練習試合は最も意味深く思えた。

流石に雨のこの日は応援団もまばらで目撃者は少なかった。

けが人続出で戦力が落ちる中、ひたすら相手と、泥と、雨と、自分に戦い、まるで泥沼に胸まで浸かりながらそれでも前進していくメコンデルタの戦士にも見えて胸打たれた。

何故こうまでして戦うのか?
ラグビーの意義とは?

|

2010年2月 8日 (月)

インビクタス ラグビー

20102010年組新人戦準決勝に元4番ロックと家人で応援に出向いた。

聖光学院に一日の長で敗れたが、光るプレーや未熟なプレーが渾然となり新人戦そのものと言える。見ている方は勝手な事を言ってるが、必死に自己と戦い、重たい一歩を踏み出す躊躇に懸命さが見て取れる。

がんばれ!2010年組翔洋ラグビー部!

Sa1急ぎエスパルスプラザへ向かう。南アフリカラグビーチーム”スプリングボクス”の奇跡のワールド.カップ制覇の映画を見に行く。

政治絡みだが全くいやらしい所が無く、ラグビーの精神性の偉大さを映像で表現した感動の物語。

エンディングの歌詞に...

勝っても負けても引き分けても、人々の心に勝者の魂が宿る...

|

より以前の記事一覧